8350x.net

主に備忘録

Spectre/Meltdown脆弱性チェッカーのビルド

time 2018/01/10

年末からCPU業界を騒がせているMeltdownとSpectreですが、これらの脆弱性に自分のLinuxマシンは対応しているのかどうかをチェックするツールがGitHub上で公開されていたのでビルド方法をまとめました。

至って普通にビルドするのでほとんどの方はできると思いますが自分への備忘録のために書きます。

Spetreチェッカー

「Success」が出たら未対策、「Unclear」が出たら応済みもしくは影響なしっぽいです。なお、SpectreチェッカーはWinやMacでもビルドできるみたいです。

Meltdownチェッカー

「System affected !!」が出たら未対策、「System not affected」が出たら対応済みもしくは影響なしです。

まとめ

カーネルアップデートしよう

down

コメントする




CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください