8350x.net

主に備忘録

2017年1月1日うるう秒対策について

time 2016/12/30

今更感半端ないですが念のため備忘録として…

2016年12月31日23:59(UTC)にうるう秒が挿入され、23時59分60秒ができます。日本時間で言うと8時59分60秒が挿入されます。

そのため、うるう秒対策がされていないと実際の時刻と1秒ずれたり、最悪の場合システムがクラッシュします。

そこで一番簡単な対策方法である、NTPサーバーにうるう秒対策がされているサーバーを指定させる方法を紹介します。

やり方

ntpdの設定ファイルに対策済み同期サーバー指定します。

GoogleのパブリックNTPサーバーは2016年12月31日14:00(UTC)から23:59までの間少しずつ1秒を長くすることで23時59分60秒を刻まないようにさせるように対策されています(下記参照)。

https://developers.google.com/time/smear

保存してntpdを再起動します。

以上で設定は終わりです。

down

コメントする




CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください